代表挨拶

  1. HOME
  2. 代表挨拶

代表挨拶

セクションエイトは、人を感動させる会社であり、人を感動させることができる人材を生み出す会社でありたいと考えています。お客様に選ばれ続ける会社であるために、スタッフ一人ひとりが付加価値を高め、目標に向かって努力できる環境を提供します。

成長する喜びと働くことの楽しさを、ぜひ弊社で知っていただけたらと思います。

スタッフが「目標」を持てる会社を。

横山 淳司

高校時代のアルバイト経験から、働くことの面白さを知った私は、高校卒業後、大学進学をせずに父が経営する飲食店に就職しました。そして同時に、大学に進学した同級生たちが社会人になった時、自分は経営者になっていようという目標を立てたのです。

その後、経済が停滞し、勤めていた会社ではやむなくリストラが始まりました。中には失うのは惜しい人もいたことから、彼らを守り、若者たちが活躍できる場を作るには、自分が社長になるしかないと思ったのです。そうして働きながら貯めた500万円を元手に、2006年に「居酒屋はなこ」新宿歌舞伎町店をオープンさせました。当時23歳、同級生が社会に出た年に独立するという目標を果たしたのです。

成長する喜びを仲間と分かち合う。

私は、働くうえで一番大切なことは「目標」だと思っています。目標や夢を描けないと、人はがんばれないものです。弊社で働くスタッフには、例えば、独立して自分の店を持つ、20代で店長になるといった、具体的な目標を示してあげたいと思っています。希望を持てれば、人は上を目指して努力し成長できますし、それは会社の発展にもつながります。そして私自身は、経営者としてスタッフに働く楽しさや働く意義、やりがいを示していきたいと考えています。

お客様に選ばれ続ける店であるためには、スタッフ一人ひとりが自身の付加価値を高めていくことが欠かせません。セクションエイトは、人を感動させる会社であり、人を感動させることができる人材を生み出していく会社でありたいと思っています。常に夢や目標を持ち、成長する喜びを仲間と分かち合える人を育て、創造性豊かな人材を輩出していくことで、より豊かな社会の実現に貢献できると信じています。

代表取締役社長

横山 淳司

PAGETOP